funeral

火葬や散骨の移り変り

現代日本では、仮想して埋葬を行なうことが一般的になっています。昔は土葬が行なわれていました。現代の火葬も時代と主に変化し、散骨と呼ばれる方法で死者を弔う方法が増えてきています。

詳細を見る

クリーニングで綺麗に

お墓の汚れは気になりますが、なかなかそうじをする機会が無い場合は、墓石クリーニングを活用する事で、綺麗にすることが出来ます。墓石クリーニングなら、重点的に汚れを落としてくれるのて綺麗に成ります。

詳細を見る

お葬式をする時は

故人と遺族の希望を丁寧に叶えてくれる多摩区の葬儀はコチラで依頼すると良いでしょう。予算の相談なども可能なので安心ですよ。

お葬式の規模は時代とともに縮小傾向にあります。近所の方や会社の古いお付き合いの方まで参列する大勢の会葬者を迎えるお葬式は減っています。その一方で、家族や親せきなど限られた人のみで静かに見送るスタイルが注目を集めています。 家族葬もそのひとつです。家族葬とは、文字通り家族のみでお葬式を執り行う方法のことをいいます。この呼び方は、元々はある葬儀社が持ち出した言い方ですが、今では広く浸透しています。 家族葬をご希望である場合は、まずは近隣の葬儀社に相談してみましょう。会葬者のアクセスを気にする必要もありませんし、広い会場も不要ですので比較的選びやすくなります。亡くなられた病院に紹介される葬儀社を利用することもよいですが、事前にリサーチしておくとスムーズな準備が可能です。

近年家族葬を希望する方の中には、経済的な理由を挙げる方が増えています。お葬式を出すための予算がない、形式にはこだわらないので費用を安く抑えたいという方が多いのが特徴のひとつです。そういったニーズを反映し、様々な葬儀プランが登場しています。 家族葬プランがその代表例です。家族葬に最低限必要な項目をセットにしたサービスで、全て込みで金額が設定されています。葬儀社によっても異なりますが、安い場合ですと十数万円でも葬儀が可能です。もちろん、棺や遺影、花などそれぞれ項目ごとに選択するという方法もありますが、プラン商品の方が安く抑えることができます。ただし、全て込みと書いてあっても、追加費用が発生する場合があります。後日、見積もりとは異なる請求を受けないためにも、あらかじめ確認しておくことが重要です。

大切な家族の葬儀を行なうなら、葬儀費用を徹底比較しましょう。費用を抑えて、理想通りの葬儀を実現するところが必ず見つかります。

遺品整理を確実にする

ひとり暮らしの老人が増えてきたために、遺品整理が煩雑になってくることがあります。そういった場合には、業者に遺品整理を依頼する事によって、スムーズに後片付けを行なうことが出来ます。

詳細を見る

代行でお掃除ラクラク

お墓の掃除代行を利用する事で、綺麗にクリーニングすることが出来ます。その他にもオプションが付属しているため、これらを利用する事によって料金が上がりますが、満足度の高い清掃を行なう事が出来ます。

詳細を見る