火葬や散骨の移り変り

日本では現代で埋葬方法は火葬してお墓に納骨するのが一般的なスタイルになっています。しかしかつての日本では火葬と言う埋葬方法はほとんど見られませんでした。その昔は土葬と言って、ご遺体を土の中に埋める方法がいっぱんてきだったのです。またその地方の風習やならわし、文化などにのっとり風葬や水葬という形をとるところも見られたのです。しかしこうした土葬、風葬、水葬といった埋葬方法は衛生面や疾病などの危険性が危惧されるようになり、現代では衛生的に火葬によって埋葬されるのが一般的であり、法律で定められている埋葬なのです。しかし火葬した後の埋葬方法については、現代では徐々に変化が見られるようになっているのです。

埋葬方法の一つに散骨という方法が見られるようになっているのです。火葬後粉になった骨の一部を森林や海などに撒く埋葬スタイルなのです。こうした散骨を希望する人が多くなった背景には、現代の家族のあり方が見え隠れするのです。現代では核家族化が進み、家族や親戚が遠く離れて住むことも多くなりました。そのため遺族が墓参りに頻繁に行けず、墓守できない状態が多々あるのです。そのため散骨で埋葬してもらい墓を建立しなければ、遺族に墓守してもらわずに済むのであえて散骨と言う形式に拘る人も多くなっているのです。今後も核家族化や、生涯独身で身内のいない人も多くなる事が予測され、散骨といった埋葬方法を選択する人がより一層増えていくことでしょう。